三宅太鼓

和力

和力

加藤木 朗と木村 俊介は2001年の発足から、伝承されてきた行事や音楽、祭り芸能をいかに舞台表現として確立させるかの可能性を模索してきた。2005年から津軽三味線・作曲の小野 越郎が加わり、音楽・舞台・語りを融合させた舞台形式「音舞語り」として、物語性のある作品を発表している。

2006年イギリス・イタリア公演、2008年アメリカ公演、2009年韓国公演、2010年スロベニア・セルビア・モンテネグロ公演、2011年セルビア・ボスニアヘルツェゴビナ・アルバビア・コソボ4ヵ国公演、2012年セルビア・ボスニアヘルツェゴビナ・スロベニア・アルバニア・コソボ5ヵ国公演、2013年ブラジル公演、2014年

和力:加藤木 朗

加藤木 朗

和力:木村 俊介

木村 俊介

和力:小野 越郎

小野 越郎