三宅太鼓

今福座

今福座

24歳の時に「鬼太鼓座」に入座、国内外の公演に参加。4年後に脱退したのち、7年間のサラリーマン生活を経て3尺1寸の大太鼓を含む大太鼓一式を購入、ソロ活動を開始する。
その大太鼓の打ち込みに定評があるほか、自身のふるさとに伝わる岩見神楽を舞台用にアレンジした作品も数多く生み出している。

2004年~2008年、東京で開催されている「青山太鼓見聞録」に毎年出演、近年では、 フランス・オーストリア・カナダ・モロッコなどへの海外遠征も行なう。

また近年は後進への指導にも力を入れており、和太鼓を通じた子供の育成や学校公演にも精力的に取り組んでいる。 更に、2003年から今福座を立ち上げ、末長愛・堂本英里と共に太鼓・神楽・唄・篠笛・踊りなど様々な表現で舞台を彩り、「今福優の世界」を創り出す。

今福座

公演の詳細へ チケット購入(e+)

close

閉じる